BFH ブログ

輸入玄関ドア 1dayリフォーム

 

先日、輸入ドア交換工事のご依頼を頂いたお客様のドア交換が完了しました。

 

30年前、とあるハウスメーカーにて輸入住宅を建てましたが、

昨年の台風の影響で玄関ドアが悪くなってしまったので

新しい輸入玄関ドアに交換したい、とのご依頼です。

 

 

-30年前の輸入玄関ドア

(良い言い方をするとアンティークドアです)

 

-新しい輸入玄関ドア

(高さのみ現場にて調整)

 

 

-設置完了

 

ハンドルだけは以前交換されたそうでまだまだ金色に輝いているので、

ドア本体のみの交換しました。

 

勝手口ドアのカギの使い勝手も悪いので交換したいとのご依頼も受けたので、

30年前のノブをデザイン・雰囲気を変えずに交換しました。

 

 

カギの部分とノブを分離させ、カギをかけやすくしました。

(30年前のスチールドアは穴開け作業が大変でしたね…汗)

 

カギ穴の中の形も変えることが出来るので、今使っている鍵をそのまま使用することが出来ます。

さすがに30年経つとドアの建付けも少し悪くなっていたので、

調整してスムーズに開閉できるようにさせて頂きました。

 

玄関ドアと共に勝手口もご満足いただいて良かったです^^

 

さて今回のリフォームですが、

たまたま奥様が行かれた伊勢にあるレストランが輸入住宅のテイストだったので、

お店のオーナー様に輸入建材の取り扱いに慣れた業者について相談したところ

バリアフリーホームズを紹介してもらい連絡させて頂きました…との事でした。

 

どのような関係で弊社を紹介頂いたのかな?と不思議に思っていると、

奥様が行かれたこのお店がなんと、

弊社が建築させて頂いた『カンパーニュ』さんだったのです。

 

フランス料理 Campagne 

http://www.campagne-ise.co.jp/

 

オーナーのH様、この度は弊社をご紹介頂き有難うございました。

このような御縁は大変貴重で大切にしていかなければ、とつくづく思いました。

皆様からご紹介頂けるような会社であり続けられるよう、これからも努力いたします。