BFH ブログ

正しく知って賢く使う!増税後の住宅取得支援制度

 

 

消費税増税に対して様々な政府の支援策がある中、

 

住宅取得やリフォームに対してはどうなのか、みていきましょう。

 

 

今回の増税には大きく分けて4つの支援策があります。

 

 

1、 住宅ローン減税の控除期間延長

 

2、 すまい給付金の増額

 

3、 次世代住宅ポイント制度

 

4、 贈与税非課税枠の拡大

 

 

 

1、住宅ローン減税の控除期間延長

 

住宅ローン減税の控除期間が10年から、13年間に延長されます。

 

適用年の11~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれかの小さい額

・ 住宅借入金等の年末残高(4,000万円※を限度)x1%

・ 建物購入価格(4,000万円※を限度)x2%÷3年

※長期優良住宅や低炭素住宅の場合5,000万円を限度とする

 

単純計算をすると、購入時の2%増税分がほぼ還付されるということですね。

 

対象者は消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得、リフォームで、

2020年12月末までに入居した方です。

 

 

 

2、すまい給付金の増額

 

2013年より始まりました「すまいの給付金」

住宅を取得すると給付金がもらえるこの制度ですが

給付金額が30万円から最大で50万円になりました。

 

また、以前は収入額(目安)510万円以下の方が対象でしたが775万円以下に拡充されました。

今回の政策でより多くの方が対象となります。

 

そもそも申請するだけでもらえる給付金ですので、要件に該当する方は必見です。

以下のサイトよりシミュレーションが出来るので、自分がいくら給付されるのか確かめてみて下さい。

 

すまい給付金シミュレーションサイト

http://sumai-kyufu.jp/simulation/

 

※住宅ローン利用/現金取得のいずれの場合も対象です。

対象者は消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得で、

2021年12月末までに引渡しを受け、入居した方です。

 

 

 

3、次世代住宅ポイント制度

 

新築の場合最大35万円相当

 

リフォームの場合最大30万円相当

 

の商品と交換可能なポイントを付与。

 

申請すると現金ではなく、ポイントがもらえます。

そのポイントを好きな商品と交換できるという仕組みです。

 

交換商品は以下から

https://goods.jisedai-points.jp/jjp01/jjp/viewCategoryTop

 

また、若者・子育て世帯※がリフォームを行う場合にポイントの特例があります。(+10万ポイント)

特例の要件:

・ 自ら居住することを目的に購入した既存住宅にて

・ 売買契約締結後3カ月以内にリフォーム工事の請負契約をし

・ そのリフォーム工事が税込100万円以上であること

 

※若者世帯:2018年12月21日時点で40歳未満の世帯

※子育て世帯:2018年12月21日時点で18歳未満の子を有する世帯

 

次世代住宅ポイント制度対象者は、消費税率10%が適用される新築住宅の取得、リフォームで、

2020年3月末までに契約の締結等をした方です。

 

 

 

4、贈与税非課税枠の拡大

 

父母や祖父母等の直系尊属から、住宅取得資金の贈与を受けて住宅を取得した場合、

最大1,200万円だった贈与税非課税枠が最大3,000万円に拡大されました。

 

対象者は消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得、リフォームで、

2019年4月から2020年3月末までに契約を締結した方です。

 

 

 

 

このようにかなり手厚い支援策があるので、いまから住宅取得・リフォームを考えている方には

正しい情報を知ってもらい、活用して頂きたいです。

 

増税後だからこそ『お得』に建てられるよう、我々もお手伝いさせて頂きます。

 

この記事を読んで気になった方、詳しく聞きたいという方、お気軽にお問合せください。

 

 

 


 

ちなみにカナダ・バンクーバーの消費税は12%です。

 

5%はGST(Goods and Sales Tax)という国の消費税で、

7%はPST(Provincial Sales Tax)という州の消費税から成り立っています。

 

州によって税率が変わり、また、PSTが無い州や

GSTとPSTを併せてHST(Harmonized Sales Tax)

と呼ぶ州もあります。(最大15%)

 

高いと感じるかと思いますが、基本生活必需品、医療費、薬代などには消費税はかからないので安心です。

ただし州によって生活必需品の定義/考え方が違うので、

レシートをチェックして『??』となることもありました。

 

余談でした・・・